三重県のアパート・マンション修繕・マンション塗装なら「賃貸修繕の窓口」へ

アパート外階段の修繕~必要性やメリット、塗装費用、作業工程について徹底解説

アパート外階段の修繕~必要性やメリット、塗装費用、作業工程について徹底解説

アパートの外階段を見てみれば、錆びだらけで、今にも崩れてしまうのではないかというものを見かけることもあります。

 

鉄骨だからといって放置していると、本当に錆びによって崩落してしまうリスクも考えられ、場合によっては大事故を引き起こしてしまう可能性も考えられます。

 

そのため、意識して状況を掴んでおき、必要に応じてメンテナンスに取り組んでおくことが、入居者の安全を守るためにも重要です。

 

そこでここでは、アパート外階段の修繕について、さまざまな角度から、三重県津市・松阪市・名張市のアパート・アパート・マンション修繕専門店が詳しくお伝えしていきます。

 

 

アパート外階段の修繕とは

アパート・マンション修繕

アパート外階段は、主に鉄骨階段であるため、劣化が生じているものにおいては、かなり広範囲に錆びが広がっているケースも見受けられます。

 

もちろん、美観を損なうことになりますので、入居者の満足度や入居率の維持向上のためには、錆びを落として塗装しておくことが重要です。

 

また、それだけではなく、安全性にも大きな影響を及ぼす可能性もあることから、定期的に修繕に取り組んでおくことが重要です。

 

ここでは、アパート外階段の修繕の必要性やメリットなどについて詳しくご紹介しましょう。

 

アパート外階段の修繕の必要性

アパートに設置されている外階段は、建物の外側にあり、しかも紫外線や風雨の影響をまともに受けてしまうようなものも多いことから、経年によって劣化が生じます。

 

外階段は鉄骨で造られているものが多いため、錆びないように塗装が施されています。

 

ただ、塗膜が劣化して鉄部がむき出しになってしまうと、雨水や湿気によって錆びが生じ、そのまま放置していると、錆びの箇所がどんどん広がってしまいます。

 

そのような状況になると、塗装もどんどん剥がれ落ちてしまい、美観も損ねてしまうことになります。

 

錆びをそのまま放置していると、最悪の場合には穴が開いてしまう可能性もあるため、階段が抜け落ちてしまったり、転落事故が生じてしまったりすることも考えられます。

 

そのようなことにならないためには、塗膜が剥がれている箇所を見つけたら、早めに塗装して、防水効果を高めておかねばならないのです。

 

アパート外階段の修繕のメリット

  • 美観の向上
  • 安全性の維持向上
  • 入居率の向上

 

「外階段は、どうせ屋外にあるのだから」と、美観に対してそれほど意識を置いていない方も少なくありません。

 

確かに屋外にあるために汚れは付きやすいため、美観を維持するのは難しいように感じるかもしれません。

 

しかし、綺麗に塗装しておけば、美観が向上するとともに、錆びを防ぐことにも繋がります。

 

錆びは生じてしまうとどんどん広がってしまい、見た目の悪さが際立つようになってしまうだけではなく、穴が開いてしまうこともあります。

 

穴が開いてしまうと、階段としての強度が低くなってしまうことから、いずれ大事故にも繋がってしまう可能性も考えられます。

 

そのようなことになる前に錆止めを施し、防水塗装に取り組んでおけば、安全面も確保できるのです。

 

また、見た目の美観を損ない、安全性も不安な状態であれば、入居率にも大きな悪影響を及ぼす可能性があります。

 

しっかりと修繕に取り組み、綺麗で安全な外階段であれば、入居者も安心して生活を営めるようになります。

 

アパート外階段の修繕を放置していたら

先にお伝えしている通り、アパート外階段の錆びをそのまま放置していたら、美観を損なうだけではなく、錆びによって穴が開き、居住者が活用している時に崩落してしまう可能性があります。

 

特に錆びだらけになっているのであれば、錆だけではなく、耐久性も低くなっている可能性がありますので、早めに修繕しておくことをおすすめします。

 

強度が弱くなってから修繕すると、取り換えなど大幅な工事になる可能性もありますので、早めに専門家に相談して、適切な修繕に取り組むようにしておいてください。

 

外壁や屋根の塗装も同時に取り組んでおく

できる限り、コストを抑えたいと考えると、外階段の修繕だけに取り組むケースは珍しくありません。

 

ただ、外階段に修繕が必要になっているケースでは、外壁や屋根にも劣化症状がみられており、塗装や修繕しなければならないことも多いのです。

 

その理由として、

 

  • 外階段だけではなく、外壁や屋根にも劣化症状が見られている
  • 次回以降も同時に取り組めば効率よく修繕ができる
  • 外階段だけ綺麗になると、外壁や屋根の劣化や汚れが悪目立ちしてしまう
  • 外階段と外壁・屋根の修繕を別々にすると、それぞれに足場費用が必要になる

 

ということにあります。

 

外階段は一般的に10年ほどで劣化が生じますので、再塗装するなど修繕に取り組まねばなりません。

 

同時に外壁や屋根においても、修繕はおおむね10年ごとに必要になることから、外階段と同時に塗り替えしておくと効率的なのです。

 

また、外階段だけ塗り替えすると、外壁や屋根の劣化や汚れが悪目立ちしてしまう可能性があります。

 

さらに、外階段で足場設置が必要になる場合、別の機会に外壁や屋根塗装を行うと、その際にさらに足場費用が必要になります。

 

それを一度に済ませておけば、足場費用が一回だけで済みますからコスト効率が良いのです。

 

同時に取り組んでおけば、外観が綺麗になりますから、入居者の満足度はもちろん、入居率も高まり、資産価値もアップするのではないでしょうか。

 

 

アパート外階段の塗装費用

アパート・マンション修繕で良くあるトラブル

  • 踏み板(表・裏)
  • 手すり
  • ササラ(階段を支える梁)

 

アパートの外階段で塗装しなければならない箇所を分けると、上記のようになります。

 

作業工程については詳しく後述しますが、洗浄後に錆び取りと下地処理を行い、下塗り塗料は錆び止めを、さらに中塗り、上塗りの三度塗りを施し、強固な塗膜を形成する必要があります。

 

溶接工事などなく、塗装だけに掛かる費用相場として、一般的な2階建てのアパートの外階段であれば、10万円~30万円程度になります。

 

錆び取りや下地処理、塗装については、㎡(平方メートル)を単価として定められているために、塗装面の広さによって費用が異なることになります。

 

それを上記で示したような箇所に分けて塗装し、費用を算出することになるのです。

 

また、錆び取りや塗装作業などだけではなく、汚れを落とす高圧洗浄や塗料が飛び散らないように養生する必要もあり、それらにも費用が必要になります。

 

そのようなことから、適正な費用を知りたい場合には、優良な専門業者に相談し、見積りを出してもらうといいでしょう。

 

 

アパート外階段塗装の作業工程

アパート・マンション修繕で良くあるトラブル

アパート外階段の塗装は、塗料をサッと塗り重ねるだけのようなイメージをお持ちの方が多いのですが、しっかりと汚れを落とし、錆びの処理をしたうえで塗装しなければなりません。

 

そのため、それらに掛かる作業工程はさまざまなものがあるのです。

 

飛散防止ネットの設置

『飛散防止ネット』とは、高圧洗浄での水しぶきや塗装時の塗料が周りに飛散しないようにするためのカバーのことを指しています。

 

また、階段近くにある自転車や自家用車、植木など、周りに飛散したときの予防としてカバーを被せて保護することもあります。

 

洗浄水や塗料は、思うよりも飛び散ってしまう傾向がありますので、洗浄水で汚したり塗料を付着させたりしないように注意して作業にかかります。

 

高圧洗浄

『高圧洗浄』は、専用の高圧洗浄機によって、外階段に付着している汚れや錆び、古い塗膜などを除去するために行います。

 

高圧洗浄機というと家庭用のものをイメージすると思いますが、専用のものはさらに水圧が高い特徴を持っています。

 

外階段に塗装する際には、汚れや錆びなどの上からだとすぐに塗膜が浮いたり剥がれたりしてしまうために、しっかりと落としておく必要があります。

 

下地処理・養生

『下地処理』とは、塗装する前に塗料がしっかりと密着するように、汚れや錆びを落とし、また必要な処理をする作業工程になります。

 

「汚れや錆びは高圧洗浄で落とすのでは?」と思うかもしれませんが、高圧洗浄だけでは落としきれないものについては、手作業で行っているのです。

 

ケレン作業と呼ばれる作業によって残っている古い塗膜を落とし、また研磨剤を用い、専用の機械によって錆びを落としていきます。

 

さらに、鉄部に塗装する際には、ツルツルの鉄部に細かく傷を付けていき、塗料をしっかりと密着させるようにしています。

 

さらに、塗装する前には、塗装する塗料が周りに付着してしまわないように、階段付近の外壁や付帯部、地面などにテープやシートを活用して養生を施します。

 

下塗り(錆び止め)

上記の工程を経て、塗装作業に入っていきます。

 

塗装については、この『下塗り』をはじめ、次の工程である『中塗り・上塗り』の三度塗りを基本としています。

 

これは、紫外線や風雨に強い塗膜を作るためで、それぞれ塗り重ねる際にはしっかりと乾燥させたうえで施していくことになります。

 

下塗りの工程においては、錆び止め効果のある塗料を活用します。

 

錆びについては下地処理において落としてはいるのですが、すでに錆びが生じている場合にはそこから広がってしまう場合もあるからです。

 

そのため鉄部に最初に触れる塗料には錆び止め効果のあるものを活用し、特に錆びが生じていた箇所については多めに塗装することになります。

 

中塗り・上塗り

塗装は強固な塗膜を形成するために基本は三度塗りするとお伝えしましたが、中塗りと上塗りについては同じものを塗り重ねることになりますので、『上塗り2回』と表現されることもあります。

 

下塗りがしっかりと乾燥し、必要な補修をしたうえで中塗りを行い、中塗りが乾燥すればさらに上塗りとして、もう一度塗り重ねていくのです。

 

手抜き業者や悪徳業者の中には、このような基本的な工程を無視して、適切な下地処理や二度塗りだけで済ませているケースがありますので注意が必要です。

 

手直しや最終確認

上塗り塗料がしっかりと乾燥すればおおむね工事は完了で、養生などを剥がした後に、細部の手直しなどを行うことになります。

 

飛散防止ネットやカバーなども除去し、最終確認をして問題がなければ工事完了となります。

 

 

アパート外階段の修繕に足場は必要?

アパート・マンション修繕工事の外壁塗装

アパート外階段の修繕は、高所によって作業が行えない場合や安全性に問題がある場合には足場を設置することもあります。

 

足場とは、高所作業のために一時的に設置する、鉄製の作業スペースのことで、作業開始時に設置し、作業完了すれば撤去されます。

 

高所作業の場合、ハシゴなどで作業すると、丁寧にムラなく塗装することが難しく、また安全面においても問題が生じます。

 

多くのケースにおいて設置されることになるのですが、足場を設置すると足場費用が掛かってしまうことになります。

 

そのため、足場代金を何度も支払わなくても済むよう、同時に外壁や屋根塗装にも取り組むケースが多いのです。

 

 

まとめ

アパート外階段の修繕について、必要性やメリット、塗装費用、作業工程、足場の必要性などについて、詳しくご紹介しました。

 

アパート外階段は主に鉄骨によって造られているために、経年によって錆びが生じ、中には錆びだらけで、今にも崩れてしまうのではないかというものも見かけます。

 

頑丈な鉄骨だからといって放置していると、錆びによって穴が開いてしまって崩落してしまう可能性があり、居住者の安全を損なうようなことにもなりかねません。

 

そのため、鉄部の塗装が剥がれ、錆びが生じているのであれば、速やかに塗装をはじめ、必要な修繕に取り組んでおくことが重要です。

 

また、外階段の塗装時には、外壁や屋根も劣化症状がみられているケースが多いことから、同時に取り組んでおけば効率的で、足場費用を抑えることにも繋がります。

 

そのようなことから、普段から外階段の劣化状態には意識しておくようにし、定期的に専門業者に相談し、点検してもらうようにするといいでしょう。

 

アパートの修繕やアパート・マンション修繕工事についてお悩みであれば、地元に根付いて営業活動しているアパート・マンション修繕専門店に相談しながら決めていくようにしましょう。

 

疑問や質問などございましたら、『賃貸修繕の窓口(TEL0120-770-760 営業時間8:00~20:00)』までお気軽にお問合せしてください。

 

三重県津市・松阪市・鈴鹿市・亀山市・名張市・いなべ市を中心として、アパートやマンションのアパート・マンション修繕専門店として営業しております。

 

防水工事・外壁塗装・ タイル工事・屋根塗装・補修工事でお悩みの方はお気軽にお問合せください。