三重県のアパート・マンション修繕・マンション塗装なら「賃貸修繕の窓口」へ

三重県 津市・松阪市・名張市のアパート・マンション修繕専門店|防水工事・外壁塗装・ タイル工事・屋根塗装・補修工事

アパート・マンション修繕・マンション塗装・防水の基礎知識

初めてアパート・マンション修繕工事をご検討されている方はぜひお読みください!

アパート・マンション修繕をする時に始めに知っておくべき知識

マンション・アパートの耐久性を保つために外壁塗装や防水工事をしないといけないと知っている方は多いと思います。
しかし

  • 「いつ工事をしたらいいか分からない」
  • 「誰に頼んだらいいか分からない」
  • 「どれぐらい費用をかけたらいいか分からない」
  • 「そもそも工事をする必要性が理解できない」

と数多くの不安を抱えるオーナー様は多いと思います。

こうした不安を抱えていると工事を先延ばしにしてしまい、10年・20年と経過してマンション・アパートの劣化が進んでしまいます。そうすると適正な周期で修繕していれば必要なかったような工事が発生してしまい、余分な費用がかかってしまう可能性があります。

ではどうしたらいいの?と初めてのアパート・マンション修繕に戸惑う方も多く、管理会社やアパート・マンション修繕コンサルタントに任せきりにしてしまうことがあります。しかし、任せきりだと知らず知らずに、高い費用になった割には塗装の結果も思ったほど長持ちをせずに後悔することになりかねません。

まずはオーナー様が自分自身で情報を集め、アパート・マンション修繕に必要なことをぜひ知ってください。

\失敗しないアパート・マンション修繕をするための/

3つのチェックポイント

ポイント01

マンション・アパートの
修繕・防水する場所を知る!

アパート・マンション修繕は一括りで行うものではなく、劣化の状態を確認して行う必要があります。

一度に全部行えるといいですが、そうすると費用も高額になります。現状の劣化状況ではまだそこまで改修工事の必要がないのでれば、時期を先延ばししても問題ありません。

しかし、その劣化状況をオーナー様が判断するのは難しいです。だからこそおおよその時期に無料診断を行うことをおススメしています。その診断はプロに見てもらうことが重要です。プロとは塗装や防水を専門に行っている業者のことです。餅は餅屋と言われるように専門工事のプロが見るのが一番正しい判断をしてくれます。もしかしたら劣化がそこまで酷くなければ少額の費用で済むこともあります。

ポイント02

マンションの
メンテナンス時期を知る!

それではどのタイミングでアパート・マンション修繕をするべきなのでしょうか?これが賃貸修繕の窓口に寄せられる一番多いご質問です。

多くのマンション・アパートの場合、上記のような現象が起きます。雨漏りすると部屋の天井やクロスに雨跡がつくので分かるでしょうが、そのほかのシーリングのやせ、コケや藻がついている、外壁塗装がひび割れしている、外壁塗装や屋根塗装が色あせしている、塗装がはがれてきているといった現象面については注視しないと中々気が付きにくいものです。住民の方から指摘をされてから行ってもクレームのもとになります。

特にこの現象については、即塗装・修繕が必要なものと、まだ修繕をしなくても良いものがあり判断に迷う事が多いのが事実です。

管理されている建物にこのような症状はありませんか?

早期発見で建物長持ち

塗膜が劣化し白い粉が手につきます。防水性が悪くなっているのでアパート・マンション修繕を考え始めた方が良いです。

コケや藻は外壁塗装・屋根塗装の塗膜の劣化により防水性が低下している箇所に発生しやすい状態です。

紫外線劣化によりひび割れや痩せ現象が発生します。水が入り込み雨漏りの原因となりますので早めに対処しましょう。

サビは放置すると他の箇所に広がり、表面だけでなく内部も腐食しますので早めに対処しましょう。

塗装のひび割れは軽視しがちですが、広がり深く割れると雨水が浸入し雨漏りの原因となるので早めに対処しましょう。

タイルが欠損・剥落するとその破片によって居住者や周囲の物に被害を加えてしまう可能性がありますので早急に対処しましょう。

ポイント03

中間マージンのない
地域密着の実績がある会社を選ぶ!

アパート・マンション修繕が必要なことは上記で分かった事と思います。次に堺市でアパート・マンション修繕をご検討されている悩みや質問で多いのが、「業者の選び方」です。なぜ悩むのでしょうか?

多くは「どこに頼んでいいのかわからない」「費用をできるだけ抑えたい」というものが多いと思います。
そこで三重県津市などでアパート・マンション修繕を行っている業者を詳しくお伝えさせていただきます。

アパート・マンション修繕をする業者は大きく分けて4種類あります

アパート・マンション修繕をする業者は大きく分けて4種類あります

この4つの業者の中で、一番気を付けてもらいたいことが「中間マージン」です。中間マージンとは、施工している業者と発注している業者が違う際に発生するものです。

複数の工事を行う時は、業者が多数いるので必要です。しかし、アパート・マンション修繕を行う際はそこまで大きな工事ではないので、専門店にお願いすることがお得にできるポイントです。詳しく図で解説するとこのようになります。

管理会社や施工店へ依頼する場合

賃貸修繕の窓口へ依頼する場合

中間マージンが無い方が同じ工事でも費用が安くできます。賃貸マンション・アパートを経営されるオーナー様にとって、建物の維持管理をしていくためのさまざまな改修工事や修繕工事にかかる費用は常に気になるところでしょう。
しかし、ここで不安なのが、どんな会社に発注したらいいかわからないケースです。よくわからない会社は怖いですよね。選ぶポイントは、施工実績が多く、地元に密着している会社を選んでください。なぜなら、アパート・マンション修繕は、多額の費用を伴う工事であり、業者によってその品質が大きく異なるためです。多くの実績を持つ会社はそれだけ選ばれているということなので安心して頼むことができます。
また、アフターフォローのことも考えて、地元密着の企業はフットワークが軽くすぐに対応してくれます。
ぜひこの観点で調べてみてください。その1社に私たちも検討してもらえると幸いです。

Scroll to Top