三重県のアパート・マンション修繕・マンション塗装なら「賃貸修繕の窓口」へ

三重県 津市・松阪市・名張市のアパート・マンション修繕専門店|防水工事・外壁塗装・ タイル工事・屋根塗装・補修工事
アパートの『屋根カバー工法』とは?屋根葺き替えとの違いやおすすめできるケースを徹底解説

アパートの『屋根カバー工法』とは?屋根葺き替えとの違いやおすすめできるケースを徹底解説

アパートの『屋根カバー工法』とは?屋根葺き替えとの違いやおすすめできるケースを徹底解説

「アパートに雨漏りが!」

「屋根塗装で修繕はできる?」

「葺き替えしないとダメ?」

 

屋根が経年劣化すると、雨漏りを起こすようなことがありますが、そのようなケースで数多く活用されている修繕方法が『屋根カバー工法』です。

 

既存の屋根の上から新たな屋根材をカバーしてしまうという工法で、費用負担が軽く、工事期間が短いというメリットがあります。

 

ただ、屋根カバー工法が活用できないケースもありますので、その他の屋根修繕方法も知っておくべきでしょう。

 

ここでは、アパートの屋根カバー工法について、三重県津市・松阪市・名張市のアパート・アパート・マンション修繕専門店が詳しくお伝えしていきます。

 

 

アパート屋根の修繕方法『屋根カバー工法』とは

外壁塗装 屋根カバー工事 無機塗料 リペイント匠

アパート屋根のメンテナンスは、屋根材に損傷がみられない場合において塗装で修繕されることが一般的ですが、塗装では修繕しきれない状況であれば『屋根カバー工法』が検討されます。

 

新たな屋根材を被せる方法で、葺き替えよりも手軽に、しかも低コストで修繕できる方法であるため、積極的に活用されています。

 

どのような特徴があるのか、詳しくご紹介しましましょう。

 

『屋根カバー工法』とは

『屋根カバー工法』とは、既存の屋根の上にルーフィングと呼ばれる防水シートと新たな屋根材を被せる修繕方法のことを指します。

 

新たな屋根材を重ねて被せることから『重ね葺き』と呼ばれることもあります。

 

屋根葺き替え工事のように屋根を剥がす必要がないため手間が少なく、工期が短いというメリットがあります。

 

一般的な屋根カバー工法においては、スレート屋根に対してガルバリウム鋼板やエスジーエル鋼板といった金属屋根を被せる工事が多くみられます。

 

屋根カバー工法の目的は、防水機能を新しくすることにあり、そのために防水シートを張る作業からはじめ、その次に金属屋根を張っていきます。

 

この防水シートと金属屋根が新しくなることによって、屋根本来の機能を取り戻すことができ、耐久性を高めることによって長期的にアパートを守ることができます。

 

アパート屋根によくみられる修繕方法

  • 屋根カバー工法
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え工事

 

一般的にアパート屋根の修繕方法として、上記3つのメンテナンスが行われます。

 

『屋根塗装』は、屋根の塗膜が劣化している場合において行われる修繕方法で、屋根材の劣化を食い止めることができるとともに、美観を取り戻すことができます。

 

塗料は重ね塗りされますので強固な塗膜を形成することができ、風雨や紫外線などから建物を守ることができます。

 

ただし、屋根材そのものがかなり劣化している場合や、雨漏りが生じているような場合には適していない修繕方法になります。

 

『屋根葺き替え工事』は、屋根材そのものを新しいものに取り替える工事のことを指しています。

 

劣化や損傷が激しい場合に適している修繕方法で、屋根材を既存のものよりも軽いものに変更することもできることから、耐震性能にまで良い影響があると考えられています。

 

ただ、工期が長くなる傾向にあり、費用負担も大きくなる可能性があります。

 

屋根カバー工法と屋根葺き替えとの違い

屋根の工事というと、新しい屋根に取り替える『葺き替え』をイメージする方が多いのではないでしょうか。

 

あるいは、『屋根カバー工法』と『屋根葺き替え』のどちらが適しているのか、迷っているという方も多いかもしれません。

 

上記でもご説明している通り、屋根カバー工法は既存の屋根に新しい屋根材を被せていく工法、屋根葺き替えは既存の屋根を新しいものに取り替える工法になります。

 

この大きな違いは、『既存の屋根がどうなるのか』という点にあります。

 

屋根カバー工法の場合には、既存の屋根をそのままにして工事を進めていくために、廃材がかなり少なく、工期は一般的に1週間足らずとなります。

 

廃材の処分費用を抑える効果もあります。

 

ただし、新たな屋根の重さがプラスされるために、屋根が重くなってしまって、耐震性に影響を及ぼすようなことがある可能性があります。

 

劣化や損傷が大きい屋根の場合には、屋根カバー工法ができないこともあります。

 

一方で屋根葺き替えにおいては、既存の屋根を取り外して、新しい屋根を設置していくために、工事の手間は大きく、しかも廃材も多く出ます。

 

工期は10日前後になることが一般的です。

 

ただし、屋根が完全に新しいものになるために、既存の屋根よりも軽くなった場合には耐震性にまで良い影響を与える可能性もあります。

 

もちろん屋根の寿命が長くなりますし、見た目がとても綺麗になり、アパートの外観イメージを変化させることも可能です。

 

 

屋根カバー工法のメリット・デメリット

外壁塗装 屋根カバー工事 無機塗料 リペイント匠

既存の屋根に新しい屋根材を被せていく屋根カバー工法には、多くのメリットがあります。

 

ただ、屋根の状況によっては施工できないこともあるため、デメリットも存在していることが分かります。

 

屋根の修繕方法で迷っているのであれば、メリット・デメリットの双方から捉えてみて、そのバランスで判断すると良いでしょう。

 

屋根カバー工法のメリット

  • 修繕費用が安価
  • 工期が短く居住者の負担が少ない
  • 断熱性や遮音性が向上する

 

屋根カバー工法は、既存の屋根のうえから新しい屋根材を被せていくだけの工事ですので、葺き替え工事と比較すると、修繕費用がかなり安く抑えられます。

 

古い屋根材を撤去する必要がなく、廃材も少ないために廃材処分費も発生しないからです。

 

また、既存の屋根をそのままにしたまま工事が進められていくことから、葺き替え工事よりも工期が短く、アパートの居住者の負担も少ないでしょう。

 

屋根を撤去する際の騒音やホコリなども少ないために、トラブルのリスクも最小限に抑えることができます。

 

一般的なアパートであれば、1週間ほどで工事は完了します。

 

また、屋根カバー工法であれば、既存の屋根と二枚重ねになることから、断熱性や遮音性が高まります。

 

特に、屋根の下の部屋はエアコンの効きが良くなる可能性がありますし、騒音で悩まされているような状況の場合では解消される可能性もあります。

 

屋根カバー工法のデメリット

  • 屋根が重くなり耐震性に影響を及ぼすことが
  • 屋根の下地や内部の損傷が激しい場合には適していない
  • 瓦屋根には対応できない

 

屋根カバー工法は手軽にできる屋根修繕方法ではありますが、屋根が二枚重ねになることから、屋根が重くなってしまい、耐震性に影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

もちろん、屋根カバー工法で活用される金属屋根材は、とても軽量であり、既存の屋根よりもはるかに軽く作られています。

 

そのため、大多数のアパートでは問題ないと言えますが、築年数の古いアパートなどであれば、施工業者に相談してみることをおすすめします。

 

また、雨漏りが進行しているなどの理由により、屋根の下地や内部にまで損傷がみられるような場合には、葺き替えが必要であるケースがあります。

 

特に雨漏りの場合には、内部が腐食しているケースが多く、屋根カバー工法を選択した場合には、固定させることができないのです。

 

 

屋根カバー工法がおすすめできるケース

津市 マンション 屋根工事

  • 塗装だけでは解決できない
  • 安価に屋根の修繕をしたい
  • 屋根の下地や内部はしっかりしている

 

屋根そのものに損傷がみられている場合や、雨漏りや雨水が内部に侵入している場合には、どうしても塗装だけでは課題を解決できない可能性があります。

 

ただ、そのようなケースにおいても、できる限り費用を抑えて修繕したいというご希望もあるのではないでしょうか。

 

屋根葺き替えと比べると、安価に修繕できる方法ですので、屋根カバー工法を検討するといいでしょう。

 

ただ、雨漏りによって腐食がみられるような場合には、屋根の固定ができないためにカバー工法ができません。

 

そのため屋根の下地や内部がカバー工法に適している状態である必要があります。

 

 

屋根カバー工法よりも屋根塗装がおすすめできるケース

  • 屋根の損傷が少ない
  • 安価に屋根の修繕ができる
  • 防水性を高める
  • 遮熱機能で熱を少なくできる

 

屋根カバー工法よりも屋根塗装が向いているケースをまとめてみました。

 

築年数が浅く、屋根材にそれほど損傷がみられていない場合においては、屋根塗装で十分対応することができます。

 

屋根の塗膜に色あせや汚れなどの劣化症状がみられていて、雨漏りなどが生じていない状況、あるいは雨漏りの初期症状程度であれば塗装が適しています。

 

屋根カバー工法や屋根葺き替えよりもはるかに低コストでメンテナンスが可能ですので、できれば早期に修繕に取り組んで、塗装で済ますのが良いでしょう。

 

屋根塗装で活用する塗料には、防汚性や親水性、遮熱性など、さまざまな機能を有しています。

 

そのため、塗装するだけで防水性を高めて、雨漏りを防ぐことができますし、遮熱性によって熱を少なくすることも可能です。

 

屋根カバー工法よりも屋根葺き替えがおすすめできるケース

津市 アパート 屋根工事 カバー工法 修繕

  • 雨漏りが発生し下地や内部が腐食している
  • 既存の屋根が重い
  • 耐久性を高めたい

 

上記でもお伝えした通り、屋根が損傷して、すでに雨漏りによって屋根の下地や内部に腐食がみられている場合には、屋根カバー工法には適しておらず、葺き替え工事の検討が必要になります。

 

ただ、下地や内部がどの程度なら屋根カバー工法に適しているのかということについては、実際に専門業者に調査してもらわないと判断はできません。

 

そのため、どちらにするのか悩んでいるのであれば、まずは専門業者に相談してみることをおすすめします。

 

また、陶器やセメントなどを用いた重みのある屋根の場合でも、耐震性を考慮して、葺き替えが勧められるケースがあります。

 

さらには、アパートの耐久性を高め、資産価値を維持するためにも、屋根の葺き替えが適していると言えるでしょう。

 

 

屋根をメンテナンスする際の注意点

外壁塗装 屋根カバー工事 無機塗料 リペイント匠

冒頭から屋根カバー工法について、さまざまな情報をお伝えしました。

 

ただ、本当に屋根カバー工法が必要なのか、あるいは屋根塗装が適しているのか、屋根の葺き替えが必要なのか、なかなか判断できないのではないでしょうか。

 

また、屋根カバー工法は、アスファルトシングルやガルテクトなど、さまざまな屋根材を使用しています。

 

さらに言えば、屋根カバー工法で活用する防水シートにもさまざまなものがあるため、専門業者によるアドバイスがとても重要になります。

 

そのため、どのメンテナンス方法が適しているのか、まずは専門業者に相談してみるようにしましょう。

 

特に屋根は、紫外線や風雨などの影響をまともに受ける箇所ですので、適切なメンテナンスはもちろんのこと、修繕後も定期的な点検が必要になります。

 

そのようなことから、専門業者選びはとても重要になります。

 

アパートの屋根修繕に対する知識や経験が豊富な専門業者に相談するようにし、アドバイスを受けながら、メンテナンスに取り組むようにしましょう。

 

 

まとめ

アパートの屋根カバー工法について、その特徴や施工方法、おすすめできるケース、葺き替えとの違いなどについて詳しくご紹介しました。

 

屋根にメンテナンスが必要となるケースで、できる限り安価に修繕ができ、工期が少なく済む修繕方法として、多くのアパートで採用されている工法です。

 

既存の屋根を除去せずにそのまま新しい屋根を被せていくだけですから、手軽にメンテナンスに取り組むことができます。

 

ただ、すでに雨漏りが生じていて、屋根の下地や内部に腐食がみられる場合には、屋根の葺き替えが必要となるケースがあります。

 

また、屋根の塗膜に劣化症状がみられるものの、屋根材までそれほど損傷がみられない場合には屋根塗装で十分メンテナンスできるケースもあります。

 

そのため、屋根の状態を確認するために診断を行い、必要な修繕やメンテナンスに取り組むことが大切です。

 

アパート屋根修理やアパート・マンション修繕工事についてお悩みであれば、地元に根付いて営業活動しているアパート・マンション修繕専門店に相談しながら決めていくようにしましょう。

 

疑問や質問などございましたら、『賃貸修繕の窓口(TEL0120-770-760 営業時間8:00~20:00)』までお気軽にお問合せしてください。

 

三重県津市・松阪市・鈴鹿市・亀山市・名張市・いなべ市を中心として、アパートやマンションのアパート・マンション修繕専門店として営業しております。

 

防水工事・外壁塗装・ タイル工事・屋根塗装・補修工事でお悩みの方はお気軽にお問合せください。

Scroll to Top