三重県のアパート・マンション修繕・マンション塗装なら「賃貸修繕の窓口」へ

アパート 外壁塗装 クラック ひび割れ

アパート外壁のクラック(ひび割れ)とは?種類や原因、対策、メンテナンス方法について

アパートの外壁に目をやると、クラック(ひび割れ)が生じていることに気づくことは少なくありません。

 

どんなに頑丈な外壁材でも、経年によってクラックが生じることは珍しいことではなく、程度によっては雨漏りをはじめ、建物の構造に大きなダメージを与える可能性のあるケースもあるので注意が必要です。

 

外壁は自然環境の影響を受けやすい箇所ですから、時間の経過とともに紫外線や風雨、自然災害など、さまざまな気象条件や構造的ストレスにさらされたときに発生してしまいます。

 

とは言え、実際にクラックを発見した場合、どのようなメンテナンスが必要なのか、大がかりな工事になるのか気になる方が多いのではないでしょうか。

 

そこでここでは、アパート外壁のクラックについて、三重県津市・亀山市・鈴鹿市・四日市市・松阪市・名張市のアパート・マンション修繕専門店が詳しくお伝えしていきます。

 

 

アパート外壁のクラック(ひび割れ)とは?種類や原因について

アパート 外壁塗装 クラック ひび割れ

アパートの資産価値を守るために劣化や損傷を意識して観察している大家さんは多いですが、外壁にクラックを発見すると驚かれる方が少なくありません。

 

ひび割れから雨水が侵入して雨漏りが生じることや、建物の構造を損傷させてしまうのではないかと気になるのは当然です。

 

ただ、程度によって補修の緊急度も異なりますので、種類や原因などについて詳しくご紹介しましょう。

 

外壁に生じるクラック(ひび割れ)とは?

外壁に生じるクラックとは、大きく分けて『ヘアクラック』『構造クラック』に分けることができ、それぞれに特徴が異なります。

 

『ヘアクラック』とは、字の通り『髪の毛程度のひび割れ』のことを指しており、サイズで言いますと、幅0.3㎜以下、深さ4㎜以下の細かなものを指しています。

 

さまざまな外壁材にみられる症状で、塗装されている塗膜だけが微細にひび割れている状態や、外壁材の表面部分だけがひび割れているものも見られます。

 

ヘアクラックは、あくまで表面部分のクラックであるため、急いでメンテンナンスが必要な状態ではないと判断できます。

 

『構造クラック』は、構造自体にクラックが生じているような状況のことをさしており、『貫通クラック』と呼ばれることもあります。

 

サイズで言いますと、幅0.3㎜以上のものであれば、外壁表面だけではなく内部から生じている可能性が考えられ、緊急性が高い状態であると言えるでしょう。

 

また、構造クラックの中には『開口クラック』と呼ばれる症状もあり、窓や扉周辺などにみられるクラックもあります。

 

これは、地震などの影響を受けて生じるもので、窓や扉などから雨水が侵入しやすいため、雨漏りの原因になると言われています。

 

外壁のクラック(ひび割れ)の原因

  • 外壁の劣化
  • 環境変化による壁の膨張・収縮
  • 外壁材の不適切な施工
  • 基礎の沈下

 

外壁のクラックの原因として、もっとも多くみられるのは経年による劣化です。

 

新築時には美しかった外壁も、時間の経過とともにさまざまな部分が劣化し、外壁に塗装した塗膜の劣化や、外壁材そのものの劣化が原因であるケースもあります。

 

外壁は、温度や湿度、雨量などの変化によって影響を受け、気温が上がると材料は膨張し、気温が下がると収縮します。

 

一日のうちや季節によって外気温が変動するため、この伸縮を繰り返すと外壁にストレスがかかり、ひび割れにつながることがあるのです。

 

また、外壁のサイディング材が正しく施工されていないと、隙間から湿気が入って膨張し、季節ごとの温度変化による構造応力の増加で、建物の外壁にひび割れが発生する可能性もあります。

 

季節の変わり目に地盤が沈下し、クラックが発生することもあります。

 

構造的な変化によって沈下が起こり、壁に圧力がかかると、角や窓枠などの弱い部分でひび割れや分離が起こります。

 

このような沈下は時間とともに自然に起こるものですが、洪水による過飽和状態や、雨どいの破損、住宅内の配管の漏れなど、水分の浸入の問題によってより早く起こることが多いのです。

 

建物が長い間建っているだけでも、基礎が沈下してひび割れが発生することがあるのです。

 

外壁のクラック(ひび割れ)を放置しているとどうなる?

外壁のクラックは、ケースによっては構造的な損傷やその他の大きな問題を引き起こすこともありますので、そのまま放置せずに塗装業者に相談することをおすすめします。

 

まずはクラックの状況や原因を調査し、その問題に対処する必要があるかどうか、またどのように修理すべきかを判断することが重要です。

 

外壁のひび割れには複数の種類や原因があり、それらを理解することで、メンテナンスの判断材料にすることができます。

 

0.3㎜以下のヘアクラックでは、今すぐ雨漏りの原因になることや建物の構造を脅かす損傷に繋がることはありませんが、適切に対処しなければ、やがて目に見える大きなひび割れになる可能性があります。

 

きちんとメンテナンスして、水分の侵入を防ぐ必要があるのです。

 

次の章で、クラックをそのままにしておくとどのようなリスクがあるのか、症状も踏まえて、さらに詳しくご紹介していきましょう。

 

 

アパート外壁のクラック(ひび割れ)による症状やリスク

アパート 外壁塗装 クラック ひび割れ

上記において、外壁のクラックに『ヘアクラック』『構造クラック』の大きく2種類あることをお伝えしましたが、状況に応じて緊急度が異なることがお分かりになったのではないでしょうか。

 

微細なものである場合にはそれほど緊急性は高くないものの、塗装面の塗膜に劣化症状が見られているようなケースもありますので、そのまま放置してしまうのはよくありません。

 

そこでここでは、クラックをそのままにしていた場合に生じる症状やリスクについて詳しくご紹介していきましょう。

 

アパートの室内に雨漏り

雨漏りは屋根からのようなイメージを持っている方は多いですが、実は外壁のクラックが原因であるケースも少なくありません。

 

屋根が原因によって雨漏りが生じる場合、ほとんどのケースでは天井にシミができ、ポタポタと水滴が滴り落ちるようになります。

 

しかし仮に2階部分の外壁が原因である場合、侵入した雨水は下にどんどん流れ込むことになり、1階部分の内壁にシミができるようなことがあるのです。

 

そのようなことから、外壁からの雨漏りは原因を見つけるのが難しいと言われており、場合によっては断熱材などでガードされていることから雨漏りが現れず、内部がどんどん腐食してしまうようなケースがあるため注意が必要です。

 

窓廻りから雨漏りが生じているような場合には、窓のサッシの廻りのクラックや、サッシ廻りに充填しているシーリングの損傷によって引き起こされているケースが考えられます。

 

外壁内部の劣化や腐食

アパートをはじめ、どのような建物においても外壁から雨水が入ってこないように施されており、外壁内部は水に弱い性質を持っています。

 

木造の場合であればどんどん腐食してしまうようになり、鉄筋の場合においては錆びてしまいますので、いずれにおいても構造に影響を及ぼし、耐久性や耐震性まで劣化させてしまうことになります。

 

上記でも少しお伝えしましたが、外壁から雨水が侵入しても、すぐに室内に雨漏りする訳ではなく、内部に滞留してしまうことになります。

 

その状態が続いてしまうようであれば、内部を損傷させてしまい、木部は腐食を招いてしまうことになり、鉄部は錆びを生じさせてしまうことになります。

 

雨水が侵入していることに気づかなければ、そのままどんどん耐久性まで衰えさせてしまい、ついには建物の耐震性まで下げてしまう要因になるのです。

 

爆裂現象

爆裂現象とは、コンクリートの中性化による症状のことを指しており、コンクリートの内部から外側に向かって崩壊してしまう特徴を持っています。

 

もともとコンクリートはアルカリ性で、アルカリ性であることから内部で構造を強化している鉄筋の錆びを守っています。

 

しかし、コンクリートの壁にクラックが生じ、そこから雨水が侵入するようになるとコンクリート内部が徐々に中性化するようになります。

 

すると、内部の鉄筋が錆びて腐食してしまい、腐食の影響によって膨張し、内部から押し出すようにコンクリートの外部を崩壊させてしまうのです。

 

 

アパート外壁のクラック(ひび割れ)の対策とメンテナンス方法

アパート 外壁塗装 クラック ひび割れ

冒頭からもお伝えしている通り、外壁にクラックが生じている場合には、速やかに対処し、必要なメンテナンスに取り組むのが、外壁や建物を守るためにも、費用負担を少なくするためにも適しています。

 

では、ひび割れに対するメンテナンスには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

外壁塗装によるメンテナンス

0.3㎜未満のクラックについては、今すぐ雨水が外壁内部に侵入して、木部を腐食させることや鉄部を錆びつかせるようなことはありませんので、それほど緊急性は高くありません。

 

ただ、塗膜に生じているクラックは、塗料の劣化によるものであるケースが多いため、塗装業者に相談して、外壁塗装の必要性についてアドバイスを受けることをおすすめします。

 

外壁塗装は、美観を目的としているだけではなく、外壁材を雨水から防いでいる役割もあるため、塗料が劣化してクラックが生じると、その箇所の劣化がさらに進行することになります。

 

すると、外壁材にまで悪影響を及ぼすようになるのです。

 

そのため、新築からすでに10年以上が経過している場合や、外壁塗装してから10年以上が経過している場合であれば、外壁塗装を検討するようにしましょう。

 

シーリングによるメンテナンス

外壁のクラックが部分的である場合、『シーリング』と呼ばれる、硬化するとゴム状に硬化する素材を充填するメンテナンスが行われるケースがあります。

 

シーリングを充填しておけば、その箇所から雨水が侵入するような心配がなくなり、しかも弾力性があることから振動や揺れが生じたとしても、追随してさらなるクラックを防ぐのです。

 

ただし、上記でもお伝えした通り、塗膜が劣化している状況であれば、シーリングだけでメンテナンスしたとしても、劣化はどんどん進行していくことになります。

 

そのため、塗装業者のアドバイスを受けて、適切にメンテナンスに取り組むことが重要です。

 

構造クラックのメンテナンス方法

雨漏りが発生している、あるいは雨漏りのリスクが高いクラックについては、『Uカットシーリング工法』と呼ばれるメンテナンス方法が採用されるケースもあります。

 

Uカットシーリング工法とは、クラックに沿ってU字に10㎜程度を掘削して、その箇所にシーリングを充填していくというものです。

 

主に1㎜以上の幅があるクラックに対して用いられることが多く、クラックをしっかりと接着させることによって、揺れや振動にも追随できるようになります。

 

ただし、すでにクラックから雨水が侵入し、外壁材に対する損傷や劣化がひどい場合においては、カバー工法や外壁の張り替え工事が必要になるケースもあります。

 

カバー工法とは既存の外壁のうえから新しい外壁材を重ね張りする工法で、張り替えとは外壁そのものを新しいものに取り替える工事のことを指しています。

 

費用負担も外壁塗装やシーリング補修などと比較すると大きくなることから、普段からアパートの外壁の状態を意識して、適切なメンテナンスに取り組んでおくことをおすすめします。

 

 

まとめ

アパートの外壁に生じるクラックを中心に、クラックの種類や発生する原因、対策、メンテナンス方法について詳しくご紹介しました。

 

アパートの外壁は、モルタルやサイディングボード、外壁タイルなど、とても耐久性の高い素材が活用されていますが、経年によって劣化が生じます。

 

劣化が生じてクラックが発生すると、場合によってはその箇所から雨水が侵入するようになり、雨漏りを生じさせることや、アパートそのものの構造を損傷させてしまう可能性もあります。

 

そのため、普段から外壁の状態を意識し、適切にメンテナンスに取り組むことによって、損傷の程度を少なくし、大事な資産を守ることができるのです。

 

アパートの外壁が気になるのであれば、地元に根付いて営業活動しているアパート・マンション修繕専門店に相談しながらアドバイスを受けると良いでしょう。

 

疑問や質問などございましたら、『賃貸修繕の窓口(TEL0120-770-760 営業時間8:00~20:00)』までお気軽にお問合せしてください。

 

三重県津市・松阪市・鈴鹿市・亀山市・名張市・いなべ市を中心として、アパートやマンションのアパート・マンション修繕専門店として営業しております。

 

防水工事・外壁塗装・ タイル工事・屋根塗装・補修工事でお悩みの方はお気軽にお問合せください。