三重県のアパート・マンション修繕・マンション塗装なら「賃貸修繕の窓口」へ

アパート 外壁塗装 修繕 賃貸修繕の窓口

アパートのサイディング外壁にメンテナンスは必要?修繕内容やメリットなど徹底解説

アパート入居者の退去時に内壁のメンテナンスが重要であることはご存知だと思いますが、サイディング外壁のメンテナンスはいかがでしょうか。

 

サイディング外壁はメンテナンスフリーだと思っている方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、アパートのサイディング外壁のメンテナンスを放置していると、外観の美観が損なわれるだけではなく、それが原因で雨漏りが生じることや耐久性を損なう可能性があるのです。

 

そのため、サイディング外壁に必要なメンテナンスを意識しておくことで、長い目で見て節約につながり、しかも入居率や資産価値向上にも大きく貢献することになります。

 

そこでここでは、アパートのサイディング外壁の修繕について深く掘り下げ、メンテナンスが必要な時期、サイディング外壁の点検、メンテナンス方法などについて、三重県津市・亀山市・鈴鹿市・四日市市・松阪市・名張市のアパート・マンション修繕専門店が詳しくお伝えしていきます。

アパートのサイディング外壁にメンテナンスは必要?

アパート 外壁塗装 修繕 賃貸修繕の窓口

マンションのサイディング外壁のメンテナンスは、外壁の外観イメージを取り戻すだけでなく、居住者の居心地の良い生活や安全性にも関わる重要なものです。

 

適切なメンテナンスを行うことで、雨水の侵入を防ぎ、太陽光の熱から守り、カビや苔の発生による健康被害、構造・電気・衛生上のトラブルの可能性を低くすることができるからです。

 

コストを抑え、被害を拡大させないためにも、マンションの外壁は継続的に点検・整備することが重要です。

 

サイディング外壁は劣化する!7~10年に一度はメンテナンスが必要

サイディング外壁は、とても丈夫に作られているためメンテナンス不要のようなイメージがあるかもしれませんが、7~10年に一度は定期的にメンテナンスをすることが推奨されています。

 

紫外線や風雨などの自然環境による影響によって、劣化や損傷が生じるからです。

 

サイディング外壁に塗装された塗膜が劣化し、塗装の色あせやひび割れなど、マンションの外壁に汚れや傷みが出てくることがあり、外観イメージが古びた感じになってしまいます。

 

さらには外壁材そのものの老朽化や損傷に関与し、サイディング内へ雨水が浸入してしまい、内部が腐食するようなことも見られます。

 

ひどい場合は、室内にまで雨漏れが生じることや、外壁内部に腐食を引き起こし、アパートの耐震性を低下させてしまうことや、有毒なカビなどの汚染物質が蔓延して健康被害を引き起こす可能性もあるのです。

 

このようなことになってしまうと、アパートの価値が下がってしまい、修復のための費用も高額になるため、将来的なコスト負担が大きなものになる可能性があるのです。

 

そのため、このようなダメージから守るためにも、定期的なメンテナンスでサイディング外壁のお手入れを積極的に行うことをおすすめします

 

アパートの入居率や資産価値にも大きな影響が!

アパートのサイディング外壁をメンテナンスせずに放置しておくと、時間の経過とともに、どんどん汚れが蓄積し、さらには老朽化によって古びた外観イメージになります。

 

老朽化した外観では、当然ながら入居率に深く影響することになります。

 

例えば、周りに同じようなアパートやマンションがあった場合に、美観による第一印象はとても重要で、その際に老朽化した外観では、どうしても選ばれにくくなってしまいます。

 

また、居住者にとって、さまざまな問題や潜在的な不安、不快感、リスクを増段させてしまい、より心地よい住まいを求めて退去を招いてしまう結果になってしまう可能性もあります。

 

アパートの外壁メンテナンスの最大の目的は、建物の寿命を延ばすことに加え、資産価値を維持・向上させることにあります。

 

アパートは、外壁の汚れや色あせ、剥がれ、ひび割れ、腐食、カビなど、経年劣化や目に見える傷みによって、どうしてもその価値や魅力が低下していきます。

 

そのような顕著な劣化がみられるアパートであれば、賃貸契約を検討している方からすれば、美観だけではなく、建物の安全性や耐震性などに疑問を持たれても仕方がないでしょう。

 

そのため、アパートでは定期的に外壁メンテナンスを行い、資産価値を高めるための改修が数多く行われているのです。

 

サイディング外壁の一般的なメンテナンス内容

アパート 外壁塗装 修繕 賃貸修繕の窓口

サイディング外壁は、耐久性の高い外壁材ですが、定期的にメンテナンスをしておかないと、外壁材そのものを劣化や損傷させてしまう可能性があります。

 

メンテナンス内容は、外壁を点検したうえで、シーリングやひび割れの補修、塗り替えなどが主な内容となり、サイディング外壁の損傷が激しい場合には、カバー工法や外壁パネルの交換が必要になるケースもあります。

 

シーリングの打ち替え、打ち増し

アパート外壁のメンテナンス項目として、シーリングの劣化による打ち替えや打ち増しが挙げられます。

 

シーリングとは、サイディング外壁のボードとボードの繋ぎ目に充填されているゴム状の素材のことで、繋ぎ目から雨水が侵入してこないように埋めているのです。

 

サイディング外壁自体に劣化や損傷が生じていないとしても、シーリングに劣化がみられると、外壁内部に雨水が入ってきて腐食させてしまうことになります。

 

シーリングによくみられる劣化症状には次のものがよくみられます。

 

  • ひび割れ
  • 痩せ
  • 剥がれ
  • 断裂

 

このような症状がみられる場合には、早めにメンテナンスしておかないと、内部の腐食や雨漏りの原因になってしまいます。

 

一般的にはシーリングの劣化は新築や前回のメンテナンスから5年程度が経過する頃にはみられるようになり、10年に一度は打ち替えしておく必要があると言われます。

 

ただ、近年では耐久性の高いシーリングも提供されるようになり、20年から30年の耐久性を持つ製品も登場しています。

 

メンテナンス方法としては、劣化したシーリングを除去して新しいものを充填する『打ち替え』が一般的で、劣化の程度が低い場合には、そのまま充填する『打ち増し』が行われることがあります。

 

外壁塗装

アパートの外壁塗装は、美観を目的に施工されるようなイメージがあるかもしれませんが、サイディング外壁の耐久性を守るために重要なメンテナンス法になります。

 

サイディング外壁の表面には塗装が施されており、時間の経過とともに塗膜は劣化し、サイディングボードにまで悪影響を及ぼすことがあるのです。

 

次のような症状がサイディング外壁の表面に現れた場合には劣化症状ですので、日常的に意識しておくことが大切です。

 

  • 色褪せ
  • チョーキング現象
  • ひび割れ、剥がれ、浮き
  • カビや藻、苔の発生

 

もっとも初期段階の劣化症状として、色褪せやチョーキング現象があります。

 

共に新築から5年、もしくは前回の外壁塗装から5年が経過する頃から生じはじめ、10年が経過する頃には、症状も目立つようになってきます。

 

色褪せは、特に太陽光のよく当たる箇所から生じはじめ、日当たりの悪い箇所と比較すると違いが分かることがあります。

 

チョーキング現象とは、外壁の塗膜に手を触れると白い粉が付く症状のことを言い、塗料が分離して白い粉が浮き上がってしまっている状態を指しています。

 

色褪せやチョーキング現象は紫外線の影響によって発生しますが、このまま放置していると、さらに劣化が進行して、ひび割れやカビの発生に繋がってしまいます。

 

そのため、劣化症状を目にした場合や、一定期間が経過しているような場合には、専門業者に相談して、メンテナンスの必要性についてアドバイスを受けるようにするといいでしょう。

 

 

アパート外壁の定期的なメンテナンスのメリット

アパート 外壁塗装 修繕 賃貸修繕の窓口

アパートの外壁を定期的に点検・メンテナンスすることで、アパート全体の美観を取り戻すだけではなく、雨漏りなどの被害の拡大防止や居住者に対する安心や安全確保につながります。

 

また、断熱性や遮熱性に高い塗料によってメンテナンスを行うことで、外壁から室内に熱を伝わりにくくし、エアコンの効きが良くなるなど、居住性を高めることにも繋がります。

 

もちろん、外壁の定期的なメンテナンスは、サイディング外壁の寿命を延ばし、修繕に必要な金額を減らすことにもつながります。

 

美観や居住性を向上させる

上記でもお伝えした外壁塗装やサイディングボードの繋ぎ目に充填されているシーリングのメンテナンスは、外観イメージがとても綺麗になり、また居住性を向上させることができます。

 

外壁の塗膜が劣化すると、色褪せや汚れが目立つようになり、そのまま放置していると、外観イメージはどんどん古びた印象になってしまいます。

 

しかし外壁塗装やシーリングの打ち替えに取り組むと、それだけで美観を取り戻すことができ、さらにはこだわりの外観を作り出すことも可能です。

 

また、近年提供されている塗料の中には、防汚性や耐候性、親水性、断熱性、遮光性などの機能に優れている製品が登場しています。

 

汚れが付きにくいため、アパートの美観をいつまでも維持でき、断熱性や遮光性によって熱が室内に伝わりにくくなり、エアコン効率がとても良くなるのです。

 

そのため、居住性が高まり、とても快適な暮らしに繋げることができます。

 

外壁材や建物の耐久性を維持できる

外壁塗装やシーリングの修繕工事は、サイディングボードの耐久性を守ることができ、また雨水の侵入を防ぐことから、建物の構造を守ることにも繋がります。

 

サイディングボードの耐久性は、30年以上と言われることがありますが、これはあくまで塗装を施して外壁材を保護した場合の耐用年数になります。

 

そのため、定期的に外壁への塗り替えを施工しておけば、サイディングボードの耐久性を維持することができるのです。

 

塗膜やシーリングが劣化し、サイディングボード自体も損傷させてしまった場合には、外壁材の交換が必要な場合や、外壁内部に雨水が侵入して、腐食や錆びが進んでしまう可能性があります。

 

外壁内部が雨水で腐食してしまうと、当然ながら耐震性にまで悪影響を及ぼすようになり、さらにはシロアリが好む環境を作り出して、大量発生させてしまう可能性もあります。

 

そのようなことになってしまうと、気づいた時には大規模な修繕が必要な状態になっていることもありますので、定期的なメンテナンスは不可欠だと言えるでしょう。

 

入居率アップや資産価値の維持向上が期待できる

外壁塗装などのメンテナンスにより外観がとても綺麗になり、居住性が高まると、注目度が高くなりますから、入居率がアップすることが期待できます。

 

誰しも、自分が住む建物は綺麗であるに越したことはありません。

 

さらに、快適に過ごせる高い居住性があれば、退去する居住者が減る可能性もあることから、収入アップも期待できるのではないでしょうか。

 

アパートの資産価値も維持できることから、コストパフォーマンスの高いメンテナンス法であると言えるでしょう。

 

 

長期的な修繕計画でお得にメンテナンス

アパート・マンション修繕で良くあるトラブル

アパートの外壁を定期的にメンテナンスするためには、外壁の傷みの程度を把握し、補修が必要な箇所を特定し、予算を策定する『長期修繕計画』を立てることが重要です。

 

一般的には外壁塗装もシーリングも、修繕のタイミングとしては10年ごとであると言われていることから、そのタイミングを念頭に修繕計画を立てておくと、修繕を計画的に行うことができます。

 

また、修繕の予算を立てることで毎月の家賃の中から計画的に積み立てができ、計画的な修繕によって、マンションの外壁を長く良好な状態に保つことができるようになります。

 

まとめ

アパートのサイディング外壁の修繕を中心に、メンテナンスの必要性や内容、メリットなどを踏まえ、詳しくご紹介しました。

 

サイディング外壁は耐久性の高い外壁材ではありますが、定期的なメンテナンスを怠ると、美観を損なうだけではなく、雨漏りや外壁内部の腐食が発生する可能性があります。

 

そのため、定期的なメンテナンスは、建物の安全性と長持ちのために欠かせないものであり、入居率や資産価値を守るためにも重要なものです。

 

サイディング外壁の状態を常に把握し、シーリングや塗膜をチェックしておくようにしましょう。

 

さらには、長期的な修繕計画を立て、修繕の予算を立てることで、建物を将来にわたって良好な状態に保つことができるのです。

 

アパートの外壁が気になるのであれば、地元に根付いて営業活動しているアパート・マンション修繕専門店に相談しながらアドバイスを受けると良いでしょう。

 

疑問や質問などございましたら、『賃貸修繕の窓口(TEL0120-770-760 営業時間8:00~20:00)』までお気軽にお問合せしてください。

 

三重県津市・松阪市・鈴鹿市・亀山市・名張市・いなべ市を中心として、アパートやマンションのアパート・マンション修繕専門店として営業しております。

 

防水工事・外壁塗装・ タイル工事・屋根塗装・補修工事でお悩みの方はお気軽にお問合せください。